校長挨拶

 同窓会ホームページをご覧の皆様へ

 令和3年4月1日付けで第30代校長として着任しました大石政男と申します。本校同窓会ホームページをお借りしまして、一言ご挨拶を申し上げます。
 同窓会の皆様には、平素から母校の教育活動にご理解とご指導を賜り、また物心両面に渡るご支援に厚くお礼申し上げます。

 さて、同窓会の皆様におかれましては、学舎を巣立たれた2万7千名余りの卒業生として、筑豊地区、福岡県はもとより全国各地の様々な分野でご活躍されており、本校の歴史と伝統のあるべき姿を示されておられます。特に、平成30年度に迎えた創立110周年における様々な記念事業に際しましては多大なるご支援とご協力を賜りましたことに深甚なる敬意と感謝の意を表します。
 現在、本校は商業に関する学科(総合ビジネス科・ビジネス情報科)と家庭に関する学科(生活デザイン科)を有し、それぞれの専門的な知識と技術を身に付けた将来のスペシャリストの育成を図るべく、入学時から「社会に出るための力を身に付けること」を目標として、教室での学習と共に様々な体験活動を多く取り入れた「実学」重視の学習により、卒業後は地域社会を支え、地域社会に貢献できる(地域創生)人財となるべく教育活動を推進しています。
 今後は起業家教育の実践にも力を入れていきたいと思っています。
 起業家教育は、起業家や経営者のみに必要なものではなく、主体性、創造性、分析力、コミュニケーション力などを醸成する、「これからの時代で生きる力」を身につけるための効果的な教育であり、今後の本校の大きな教育活動の柱として位置づけていきたいと考えています。
 さらに部活動においても、陸上競技・ソフトテニス・バドミントン・弓道・ビジネス部(ワープロ部門)・書道部など多くの部活動が努力を重ね、県大会、九州大会へ出場しています。特に今年度は、陸上競技部のハンマー投、円盤投でインターハイに男子2名、女子1名の選手が出場、ビジネス部もワープロ競技大会に個人の部と団体の部で全国大会への出場を果たしています。
進路状況につきましても、就職希望者の内定率100%を継続しており、進学でも目的意識を持ち大学や専門学校へ進んでおります。難関と言われる企業への就職も果たしており、また近年大学進学を希望する生徒の増加についても希望進路の実現に向け丁寧な対応に努めており、「育成の筑豊」といわれる所以となっています。
 今後も本校職員一同一丸となって、生徒のため、地域のため、母校発展のために、同窓会の皆様が母校筑豊高校の卒業生であることを心から誇りに思っていただけるような学校づくりに邁進してまいりますとともに、斎庭(ゆにわ)において校訓「誠実・親愛・創造」のもと地域社会を支え、地域社会に貢献できる人財の育成に努めてまいりますので、より一層の母校へのご支援・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
福岡県立筑豊高等学校同窓会の益々のご発展と皆様のご活躍を祈念申し上げ挨拶と致します。

(本校ホームページも随時更新しております。後輩たちの頑張る姿をご覧頂ければ幸甚に存じます。)http://chikuho.fku.ed.jp/